業者のつまりの直し方

トイレつまりの際、ある程度自分で応急的な処置ができる場合がありますが、それはあくまでも応急処置です。つまりの元をしっかり解消したいのであればトイレがつまってしまった場合は専門業者に任せることで完全に直るでしょう。

トイレがつまった場合、業者は高圧洗浄機など特殊な道具でつまりを改善していきます。トイレのつまりを根本的に改善しようとすれば、やはり専門の知識や技術、道具が必要となりますので、ここはトイレのつまりのプロである業者に任せるのがいいのです。自己流の生半可なやり方は、つまりが改善されたようでも、排水管の中には異物が残っている状態であることが多いのです。いずれ取り返しのつかないことになる恐れもあるのです。

業者によるトイレのつまりの直し方として、つまり具合がひどい場合、便器自体を取り外すこともあります。そのため、止水栓を閉め、水を遮断する必要があります。また、工事中は、キッチンや洗面台から水が逆流して出てくることもありますので、捨てても構わないような付近などで排水口を覆ってください。また、排水管は徐々に水垢や汚れで流れにくい状態になってきます。業者による定期的なクリーニングもお勧めです。とにかく、異常を感じたら、業者にまずは点検してもらいましょう。

つまりの応急処置

トイレがつまった場合や、なにか異変に気付いた場合はすぐに業者に依頼してください。ただ、その前に自分でも応急処置として、つまったトイレを直してみることも必要です。これによって、業者の仕事が減り、つまりも流れやすくなるのです。

トイレのつまりの直し方としては、オーソドックスなものとして、大量の水を流すことが挙げられます。バケツなどに多めの水を張り、便器の中に流し入れるのです。この場合、気を付ける点としては、排水口を目指して水を流し入れることです。これによってつまりの元が撹拌され、流れやすくなるのです。ただし、小物など水に溶けないものにはあまり有効ではありません。また、水の代わりにお湯を使うのも効果的です。ただし、ぬるま湯で試してください。熱湯をかけると便器が割れる恐れがあります。便器は陶器ですので、急激な温度変化に耐えられないのです。

他には、つまりの定番としてラバーカップがあります。排水口に隙間なく宛がい、中を真空状態にします。ゆっくりと押して、素早く引き戻すことでつまりの元が逆流してきてつまりが改善されるのです。ただ、こうした方法でつまりが直っても、それは一時的なものです。やはり業者が来るまでの応急処置として捉えてください。

つまりの原因

家の中でもっともよく使う場所は、実はトイレではないでしょうか。ただ、普段は何気なく使っているこのトイレにもトラブルがあるのでしょう。トイレのトラブルとしては、つまりがほとんどとなります。いつもより、水位が上昇していたり、なんとなく流れが悪いと感じたら、それはつまりの前兆と思ってください。

トイレの排水管はS字に曲がっています。これは下水の臭いが逆流しないための構造ですが、ものがつまりやすい構造とも言えるのです。つまりの原因としては、大量のトイレットペーパーを一度に流してしまったり、ティッシュペーパーのような水に溶けない紙を使った場合、そして携帯電話など小物を落とした場合が考えられます。

元々つまりやすい構造の排水管ですから、日頃から気を遣って流せばいいのですが、日常的なことなのであまり気にせず流しているのが実情でしょう。しかし、トイレはつまるものなのです。正しい使い方をしていない場合は、なおさらつまりの恐れがあるのです。トイレはつまってからでは遅いのです。つまり改善には、専門の知識と道具や技術が必要です。流した際に、いつもとはちょっと違う音がするなど、異変に気付いたら、つまる前に業者へ依頼しましょう。

トイレのつまりは業者へ

家の中で頻繁に使われるところと言えば、トイレでしょう。普段は、異常なく使えているトイレも、実は何時つまってしまうかもしれません。そのときあわてふためいてもどうしようもないのです。トイレのつまりの前兆としては、水位が上がっていたり、流れにくくなっていたり、あるいは異音がしたりというものがあります。こういった状態に気付いていても、そのまま放置していることがよくあるのです。ただ、これはつまりが進行している状態ですので、いずれは最悪の事態に陥る恐れがあります。

トイレの異変に気付いたら、業者に依頼してつまりの元を解消してもらうのがいいのですが、ある程度は自分でもできるものです。まずは、バケツなどで便器の排水口に向けて、水を流し込むという方法です。バケツをなるべく高い位置に持っていき、排水口へ水の圧をかけていくのです。この水圧で排水管の中の異物が撹拌されて、流れやすくなると言うことです。これをぬるま湯でやるとさらに効果的でしょう。

つまりの原因としては、大量のトイレットペーパーやティッシュペーパー、小物などが考えられます。ただ、自分でやる方法は一時しのぎと考えてください。トイレのつまりは専門の知識が必要ですので、やはり業者に依頼するのが賢明と言えます。業者によるつまりの直し方は、高圧洗浄機のような専門の機器を使ったりします。重度のつまりの場合は便器を取り外すこともありますので、自分で直すレベルではありません。このサイトは、トイレのつまりを業者に依頼することについて説明します。