つまりの原因

家の中でもっともよく使う場所は、実はトイレではないでしょうか。ただ、普段は何気なく使っているこのトイレにもトラブルがあるのでしょう。トイレのトラブルとしては、つまりがほとんどとなります。いつもより、水位が上昇していたり、なんとなく流れが悪いと感じたら、それはつまりの前兆と思ってください。

トイレの排水管はS字に曲がっています。これは下水の臭いが逆流しないための構造ですが、ものがつまりやすい構造とも言えるのです。つまりの原因としては、大量のトイレットペーパーを一度に流してしまったり、ティッシュペーパーのような水に溶けない紙を使った場合、そして携帯電話など小物を落とした場合が考えられます。

元々つまりやすい構造の排水管ですから、日頃から気を遣って流せばいいのですが、日常的なことなのであまり気にせず流しているのが実情でしょう。しかし、トイレはつまるものなのです。正しい使い方をしていない場合は、なおさらつまりの恐れがあるのです。トイレはつまってからでは遅いのです。つまり改善には、専門の知識と道具や技術が必要です。流した際に、いつもとはちょっと違う音がするなど、異変に気付いたら、つまる前に業者へ依頼しましょう。