つまりの応急処置

トイレがつまった場合や、なにか異変に気付いた場合はすぐに業者に依頼してください。ただ、その前に自分でも応急処置として、つまったトイレを直してみることも必要です。これによって、業者の仕事が減り、つまりも流れやすくなるのです。

トイレのつまりの直し方としては、オーソドックスなものとして、大量の水を流すことが挙げられます。バケツなどに多めの水を張り、便器の中に流し入れるのです。この場合、気を付ける点としては、排水口を目指して水を流し入れることです。これによってつまりの元が撹拌され、流れやすくなるのです。ただし、小物など水に溶けないものにはあまり有効ではありません。また、水の代わりにお湯を使うのも効果的です。ただし、ぬるま湯で試してください。熱湯をかけると便器が割れる恐れがあります。便器は陶器ですので、急激な温度変化に耐えられないのです。

他には、つまりの定番としてラバーカップがあります。排水口に隙間なく宛がい、中を真空状態にします。ゆっくりと押して、素早く引き戻すことでつまりの元が逆流してきてつまりが改善されるのです。ただ、こうした方法でつまりが直っても、それは一時的なものです。やはり業者が来るまでの応急処置として捉えてください。